NIKABLOG 似顔絵株式会社ブログ

銀婚式とは?家族で過ごす大切な日におすすめのごはんや祝い方を紹介!

銀婚式とは?家族で過ごす大切な日におすすめのごはんや祝い方を紹介!

結婚記念日のなかでも、節目の銀婚式。

銀婚式を迎える両親を、子ども兄弟や孫でお祝いしたい、と考えている方が多いと思います。

その一方で、

「銀婚式をどうお祝いしたら良いのかわからない」

「銀婚式のごはんや食事の場所はどう選ぶべき?」

そんな風に、迷っている方が少なくありません。

今回は銀婚式の由来やごはんの選び方、お祝いの仕方などをくわしくご紹介いたします。

そもそも銀婚式とは


銀婚式は、結婚25周年を記念し、夫婦で祝う日です。

磨いたら光るいぶし銀の美しさから、銀婚式の名がついたといわれています。

銀婚式は、結婚25周年を記念し、夫婦で祝う日です。

磨いたら光るいぶし銀の美しさから、銀婚式の名がついたといわれています。

もともとはヨーロッパではじまった記念日のお祝いですが、今では世界中に広がっています。いろいろな○○婚式がありますが、25周年の銀婚式、50周年の金婚式は、ほとんどの国で共通しているそうです。

日本では、明治天皇が結婚25周年の式典を催したことから、国民の間にも銀婚式が浸透しました。

銀婚式を迎えるのは、結婚する年齢にもよりますが、一般的には50代前後となるケースが多いでしょう。

ちょうど、子育てが一段落する年代。

夫婦のみで祝う家庭もありますが、子どもが遠方に住んでいる場合も、特別な記念日として、一緒に過ごす例が多くみられます。

お祝いはかならず結婚記念日でなければいけない、というわけではありません。

結婚記念日に近い土日や長期休暇など、できるだけ多くの家族が集まれる日を選ぶと、より充実した時間にできます。

銀婚式にちなんで、親へ銀製品のプレゼントを贈ったり、夫婦でお揃いの銀製品を購入したりなど、プレゼントを考えるのも楽しみの一つです。

以前の関連記事:

両親が銀婚式!子どもからの結婚25周年祝いはどう選ぶ?相場も合わせてチェック

銀婚式におすすめのごはんは?

結婚25周年を祝う銀婚式。

夫婦だけで祝う場合は、二人で相談すれば良いのですが、子どもが主催する場合、どんなごはんでお祝いするべきなのか、迷ってしまいがちです。

何が食べたいのか、両親に聞くのが一番ですが、

「いつも通りで大丈夫」

「あらためてお祝いなんてしなくていいよ」

と言われてしまうケースもあります。

遠慮なく銀婚式のお祝いやごはんを楽しんでもらいたいなら、銀婚式を家族が集まる口実にしましょう。孫がいる場合は三世代集まって、楽しい食事や団らんの時間が過ごせるように準備したいですね。

銀婚式で用意するごはんのメニューに決まりはありません。

和食でも洋食でも中華でも構いませんので、両親の好みに合った食事を選択しましょう。

特別な日ですから、普段よりも内容をグレードアップしてみてください。普段は節約しているお父さん、お母さんも、一生に一度の特別な日なら、受け入れてくれるはずです。

銀婚式の食事は場所選びも重要

銀婚式のお祝いを子ども主体で進める場合、ごはんメニューだけでなく、食事をどこで食べるのか、という点が非常に重要になります。

自宅でお祝いする場合、余計な気を使わなくて良い反面、主役であるはずの両親が準備や片付けに追われるケースがあります。これでは、せっかくの銀婚式なのに、ゆっくり過ごせません。

レストランや和食店など、外食を選ぶ場合も、

「敷居が高すぎるお店を選んでしまい、気疲れしてしまった」

「外での食事だから、時間が気になりのんびりできなかった」

という場面が考えられます。

自宅で祝う場合は、テイクアウトの料理やワイン、シャンパンなどの飲み物を持参して、できるだけ両親が動かなくて良いように配慮しましょう。

外で食事をする場合は、個室などを予約して、家族水入らずで過ごせるように手配するのがおすすめです。孫など小さい子どもがいる場合は、個室やお座敷を選びましょう。

子どもがお金を出す場合、料理の金額を見て、遠慮してしまうご両親もいます。

お金の気遣いをさせたくない場合は、コース料理、もしくはビュッフェスタイルのお店を選んで、事前に支払いを済ませておくとスマートです。

より特別な時間を過ごすなら、家族で旅行へ出かけると楽しい思い出を作れます。

旅行は食事の準備や片付けが必要ない、疲れたらそのままくつろげる点がメリットです。

両親にとって思い出の場所や、行きたがっていた場所を選んで、ゆっくり過ごしてください。

銀婚式にちなんで銀で演出を

銀婚式をより盛り上げるなら、銀にちなんだ演出がおすすめです。

銀の折り紙で作った飾り。

銀色を主体にしたガーランド。

アラザンをあしらったお菓子やケーキ。

飲み物やお皿を銀色のものにする。

など、さまざまな方法で、銀婚式らしさが出せます。

特にクリスマスシーズンは銀色の飾りが多く販売されています。

銀婚式を控えているなら、クリスマスの時期に購入しておきましょう。

銀色のマントや帽子などを用意して、記念写真を撮るのもおすすめです。

その他にもプレゼントの包装やメッセージカードなど、シルバーにこだわって準備してみてください。

何年たっても忘れられない特別な演出で、銀婚式を彩りましょう。

まとめ

銀婚式の主役は、結婚25周年を迎える両親。

二人の希望に添った、素敵な記念日を意識したいですね。

ごはんやプレゼントを選んだり、お祝いする会場を飾り付けたり、時にはサプライズを用意したりして、家族の愛情こもった銀婚式にしてください。

この他の銀婚式関連記事もチェック:

  • 似顔絵株式会社の似顔絵やさん

    大切な人、大切な記念日にいつもとは違ったオーダーメイドのプレゼントをしてみませんか?お写真から似顔絵を作成できます。
    結婚式のウェルカムボードやご両親贈呈用ボード、結婚記念日、記念日・長寿祝い誕生日など様々なシーンで喜ばれています。

    詳細はこちら
  • 関連記事