NIKABLOG 似顔絵株式会社ブログ

定年退職する上司に送るべきメッセージは?今すぐ使える例文と注意点を紹介

定年退職する上司に送るべきメッセージは?今すぐ使える例文と注意点を紹介

上司が定年退職を迎える際、部下からメッセージを届ける例が多くあります。

この時、どんな言葉を選べば良いのか、つい迷ってしまいがちです。

今回は、失礼なく嬉しい気持ちで受け取ってもらえるメッセージの作り方や例文、注意点を紹介いたします。

定年

部下から上司へ~定年退職メッセージを送る際の注意点

定年退職を迎える上司へのメッセージには、避けるべき言葉がいくつかあります。

うっかり入れてしまうと、心象が悪くなります。

事前にチェックの上、該当するメッセージがある場合は書き直しましょう。

「老いや病気、死を連想する言葉」

枯れる、(腰が)曲がる、倒れる、折れる、切れる、重いといった言葉は、定年退職にあたってのメッセージに向いていません。

「倒れそうになっても立ち上がる姿に感動しました」

といった前向きな意味だとしても、避けるようにしましょう。

「ゆっくり・のんびりなどの表現」

「これからはゆっくり過ごしてください」

「のんびりとした毎日がおくれるように祈っています」

など、「ゆっくり・のんびり」は忙しく仕事をしていた上司につい、かけたくなる言葉です。

ですが、現在は寿命が延び、定年以降も現役で働いたり、新しいチャレンジをしたり、という人がほとんどです。

趣味が多く、元気な上司の場合は、

「今後も変わらず精力的に活動されると思います。今後ますますのご活躍を、心よりお祈り申し上げます」

といった言葉を選ぶと、喜ばれます。

「残念です・悲しいですなどの表現」

残念です、悲しいですという表現も、良かれと思って使われがちな言葉です。

もっと一緒に働きたかった、という気持ちは分かるのですが、新しい門出の日には適さない表現といえます。

「一緒に働けなくなりさみしい気持ちはありますが、これまでの時間に感謝の気持ちでいっぱいです」

「たくさん教えていただき、ありがとうございました。またいつでも遊びに来てください」

このような明るいメッセージを心がけましょう。

「ご苦労様でした・頑張ってくださいなどの言葉」

ご苦労様でした、頑張ってくださいという言葉は、上司から部下にかける言葉です。

部下から上司へ使うのはNGですので、覚えておきましょう。

昔は目上の人に使えた「お疲れ様でした」という言葉も、最近は失礼だととらえられる例が増えています。

「大変お世話になりました」

といった文章を選択するとスマートです。

上司へのメッセージを上手にまとめるコツ

日ごろから手紙を書きなれていない場合、突然メッセージと言われて困ってしまうかもしれません。

ですが、メッセージは基本を押さえていれば、それほど難しくありません。

実際の場面で活用したい、メッセージ作りのコツをご紹介いたします。

「感謝+エピソードでオリジナリティあふれるメッセージに」

定年のメッセージは、これまでの感謝を伝えるのがもっとも重要です。

「〇年間お世話になりました。たくさんのことを、教えていただきました。本当にありがとうございます」

といった感謝の気持ちを込めて、文章を作成しましょう。

一方で、感謝の想いだけでは、周りの人と似たり寄ったりになってしまいます。

上司と自分だけのエピソードを添えて、心に届くメッセージにしましょう。

○○で失敗した時に、○○さんがやさしくサポートしてくれました。あの一件があったからこそ、成長できたと思っています」

このような、実際の場面が目に浮かぶストーリーを入れて、これまでの日々を振り返りながら、感謝を伝えましょう。

定年退職する上司に届けたいメッセージ例文

それでは、実際に使える上司への定年退職メッセージの例文をみてみましょう。

こちらの文章は、自由にアレンジしながら使っていただけます。

文章を考えるのが苦手、という場合は、ぜひご活用ください。

例文1

○○さん、ご退職おめでとうございます。

中途入社で右も左も分からなかった私を、ていねいに指導してくださったこと。○○さんのおかげで、すぐに仕事を覚えられ、円満な人間関係を築けました。

ゴルフが大好きな○○さん。今後ますますお元気に、活躍されると存じます。

私も会社を引っ張っていく一員として、教えを胸に頑張る所存です。

いつまでもお元気で、楽しい日々をお過ごしください。

例文2

ご定年おめでとうございます。

○○さんが日々熱心に仕事へ打ち込む姿、いつも励みにしていました。

なにがあっても笑顔で対応する素晴らしい背中から、たくさんの学びをいただきました。

これからも、○○さんは私の心の上司です。

やりたいことがたくさんあると思いますが、ぜひ会社へも顔を見せていただければ嬉しく思います。

〇年間、本当にありがとうございました。

まとめ

目上である上司へのメッセージは、どうしても緊張するものです。

ですが、「ありがとうございます」がこもっていれば、かならず想いが届きます。

文章が苦手でも、自分の言葉で大丈夫です。

避けるべき表現は使わず、感謝と上司にまつわるエピソードで、オリジナリティの高いメッセージを作成しましょう。

以前の退職お祝いの関連記事もチェック: