NIKABLOG 似顔絵株式会社ブログ

定年を迎えた親へ~退職時に子どもから届けたいメッセージとプレゼントを紹介!

定年を迎えた親へ~退職時に子どもから届けたいメッセージとプレゼントを紹介!

親が会社員の場合、60歳もしくは65歳で定年を迎えます。

ずっと働き続けたからこそ、食べさせてもらえたこと、学校に行かせてもらえたこと。

子どもから親へ、心から感謝するべき大切な日といえます。

そんな親の定年退職には、気持ちのこもったメッセージやプレゼントを贈るのがベスト。

子どもから親へ用意したい、手紙の内容や贈り物を紹介いたします。

定年を迎える親に贈りたいメッセージ

ギフト

定年を迎えた親へ、子どもだからこそ伝えられるメッセージがあります。

成長して、自分も仕事をするようになったからこそ分かる、ありがたみや感謝も、胸に刻まれているはずです。

親の定年をきっかけに、普段は言えない気持ちを手紙で表してみてください。

「定年する親へメッセージを送る際の注意点」

定年する親へメッセージを送る際、気をつけるべき注意点がいくつかあります。

気持ち良くお祝いするために、事前に注意点をチェックしておきましょう。

『親であっても目上を意識』

普段から親とフレンドリーな関係。

敬語は使わず話している、という場合も、定年のお祝いの場ではていねいな言葉を選びましょう。

「お父さん、定年までご苦労様!」

このような言葉を書いてしまいがちですが、ご苦労様というワードは目上の相手に使えません。頑張りました、もNGですので、注意しましょう。

お疲れさまでした、は使用できますが、人によっては良いイメージを抱かないケースがあります。

子どもから親ですから、

「長い間ありがとうございました」

「家族のために働いてくれてありがとう」

といった言葉を選ぶのがおすすめです。

『義理の親を祝う場合の注意点』

義理の父、義理の母が定年を迎え、贈り物やお祝いをするケースがあります。

この時、してはいけないのが「お義父さん」「お義母さん」という書き方です。

血がつながっていない義父や義母であっても、「お父さん」「お父様」「お母さん」「お母様」と記すのが正解。

実の親よりも、より丁寧なメッセージを選ぶと喜ばれます。

『年齢を感じさせる言葉はNG!』

定年を迎える親に、つい使ってしまいがちなのが、

「まだまだ若いお父さん」

「定年を感じさせないほど、元気なお母さん」

といった年齢や見た目に触れる言葉です。

一見良さそうに感じるのですが、若い、元気という面を押し出してしまうと、その裏にある老いが頭を過ってしまいます。若い、元気は当たり前、まだまだこれから人生を楽しむ背中を応援しましょう。

「定年を迎える親へのメッセージ例文」

定年を迎える親に、届けたいメッセージ例を紹介いたします。

顔を合わせる機会が多いため、上司への手紙のようにあれこれ書く必要はありません。

短く簡潔に、感謝やお礼の気持ちを伝えましょう。

『例文1

お父さん、〇年間本当にありがとうございました。

家族円満で今日までこれたのは、お父さんのおかげです。

これからは、趣味の時間をとことん楽しんでください。

『例文2

大好きなお母さん、定年おめでとうございます。

家庭を支えながら、仕事に向き合う姿はいつも私の誇りでした。

近いうちに、平日ランチやショッピングに出かけましょう。

定年の親へぜひ贈りたいプレゼントを紹介!

ギフト

毎日の会社勤めが終わり、生活に大きな変化が生まれる定年。

仕事一筋だった親も、ようやくゆっくり自分の時間を持てるようになります。

そんな門出を彩るために、心のこもった贈り物を選んでみましょう。

受け取った親が思わず嬉しくなる、プレゼントを紹介いたします。

「お酒」

できるだけたくさん、子どもと会う機会、話す機会が欲しい。

多くの親がこのように考えています。

お酒の贈り物はさりげなく一緒に飲もう、過ごそうという雰囲気にできるため、最適な贈り物です。多くの物を持ちたくない、というタイプの両親へのプレゼントにも向いています。

お酒が飲めない場合は、美味しいコーヒーや紅茶、ケーキやお菓子などを持参して、ゆったりとした時間を過ごしましょう。

「リラックスグッズ」

定年後は、家で過ごす時間が長くなります。

快適に過ごせるように、マッサージ機や座り心地の良いソファ、クッション、枕、観葉植物など、リラクゼーションにつながるアイテムが喜ばれるでしょう。

「趣味のアイテム」

定年後は、自分のために時間を使えます。

ウォーキングが趣味ならシューズ、ゴルフが好きなら関連グッズなど、趣味を応援するプレゼントを選ぶと、毎日がより充実するでしょう。

新しくはじめたいことを聞いてみて、必要な道具を用意するなど、一歩踏み出すきっかけを作ってあげるのもおすすめです。

まとめ

親

子どもからの定年祝いは、親にとってなにより嬉しいものです。

感謝の気持ちがこもったメッセージやプレゼントで、楽しくお祝いしましょう。

人生100年時代、定年を迎える60歳、65歳はまだまだ通過点です。

これからの日々を健やかに過ごせるように、そっと後押ししてあげてください。

 

以前の退職お祝いの関連記事もチェック: